2013年08月06日

「八千代バイパス」準備工事の着工したユーカリが丘2・3丁目付近

国道296号線「八千代バイパス」のうち、未着工であった佐倉市ユーカリが丘2・3丁目(ユーカリが丘街ギャラリー付近)~同上座(モスバーガー佐倉ユーカリが丘店付近)の区間(約800m)で、道路整備へ向けた準備工事(盛土・切土工事)が着工しました。

 

【写真】準備工事の着工した国道296号線「八千代バイパス」のユーカリが丘内残存区間。手前は、ユーカリが丘3丁目の「ミライアタワーギャラリー

 

 

八千代バイパス準備工事を知らせる工事看板「八千代バイパス」は、国道296号線旧道の下市場~志津駅前の交通渋滞緩和と、米本団地周辺地域における東邦大学佐倉病院などの高次救急医療機関や鉄道駅へのアクセス向上を目的とした「社会資本整備総合交付金工事(改良工)」として千葉県が整備を進めている、佐倉市上座の国道296号線旧道~八千代市米本付近の国道16号線を結ぶ総延長約5.2kmの一般国道です。ユーカリが丘エリアにおいては、現在整備が進められている「ミライア街区」の大型商業施設と国道296号線・国道16号線を直結させる道路として開通が待ち望まれています。

 

【写真】「ユーカリが丘街ギャラリー」前に設置された工事看板。

 

工事期間は、2013年10月26日(土)までで、施工は村樫建設工業株式会社。本工事に伴い、工事区間沿線の一部に、仮囲い・仮設電柱・仮設遊歩道が設置されます。