2015年12月19日

イオンタウン

来年春の開業を目指し、(仮称)イオンタウンユーカリが丘の建設工事が進んでいます。

「ユーカリが丘 スカイプラザ・ミライアタワー」前から西ユーカリが丘・宮ノ台方面へ延びる国道296号線「八千代バイパス」を挟み、両側に位置する東工区・西工区とも、建物の鉄骨が組み上がりつつあります。

東西の建物をつなぐ上空通路の建設もはじまり、徐々にイオンタウンの全貌が姿を現しつつあります。

 

bnr-21

 

11月16日(月)からは、上空通路の建設に伴い、周辺の一部道路では交通規制が行われています。上空通路を施工する株式会社福田組によると、建設に伴う交通規制は来年3月末頃までを予定しているとのことです。

イオンタウンが県に対して行った届出によると、(仮称)イオンタウンユーカリが丘は、店舗面積3万9000平方メートルで、営業時間は7時~23時。2241台分の駐車場を備え、主な販売品目は「食料品」「衣料品」「住生活関連用品」等となっています。 
(仮称)イオンタウンユーカリが丘に関するニュースは、ユーカリが丘公式タウンポータルサイト内「ユーカリが丘ニュース」でも随時お読みいただくことができます

 

参考サイト

【ニュースまとめ】(仮称)イオンタウンユーカリが丘 2016年春開業へ|ユーカリが丘ニュース