2015年01月29日

13th_main

 

「省エネ住宅ポイント」という新しい制度が始まろうとしています。最大で30万円分のポイント発行が受けられるうれしい制度なので、うまく活用したいものです。詳細をご紹介しましょう。

 

エコな住宅には最大30万円分のポイントが発行される制度

「省エネ住宅ポイント制度」は平成26年度の補正予算として閣議決定されたもので、平成27年(2015年)1月の国会承認を経て最終的に成立する見込み です。以前実施されていた「住宅エコポイント制度」と同様のもので、一定の省エネ基準を満たした新築住宅や住宅リフォームに対して最大30万ポイント(耐 震改修の場合は最大45万ポイント)が発行され、ポイントは住宅取得の費用やリフォーム代金に充当する、もしくは省エネ商品や商品券、プリペイドカードな どと交換ができる制度です。

新築住宅の購入だけでなく、エコリフォームもポイントの対象

対象となる住宅は以下のケースです。

●エコ住宅の新築、購入
・トップランナー基準(省エネ性能の基準)を満たす住宅など
・断熱等性能等級4等を満たす木造住宅など
新しく工事請負契約を結ぶ「注文住宅」、「分譲住宅」を想定していますが、基準を満たしていれば完成済みの新築住宅を購入するケースでも対象となります。

●エコリフォーム
・窓の断熱改修
・外壁、屋根・天井、床の断熱改修
・一定規模以上のエコ住宅設備の改修を伴うリフォーム
上記と合わせて行うバリアフリー改修、住宅設備改修、耐震改修なども対象となります。

早期に終了する可能性もあるから、早めの行動を!

対象となる期間については以下の通りです。

●エコ住宅の購入・新築、リフォーム
平成26年12月27日以降に工事請負契約を締結したもので、平成28年3月31日までに工事着手し、予算成立日以降に工事完了するもの。

●完成済み住宅の購入
平成26年12月26日までに建築基準法に基づく完了検査の検査済証が発行されたもので、予算成立日以降に売買契約を締結した新築住宅。

ただし、予算には上限があるので予算枠を使い切った時点で終了されることも考えられます。以前の「復興支援・住宅エコポイント制度」の場合は早期で終了しました。

ポイント申請や交換などの具体的な手続きは平成27年(2015年)3月から開始される予定なので、住宅購入やリフォームを考えている人は、しっかり情報収集をしておきましょう。

 

 

 

 

本記事は、(株)ココロマチが情報収集し、作成したものです。
記事の内容・情報に関しては、正確を期するように努めて参りますが、内容に誤りなどあった場合には、弊社までご連絡をお願いいたします。

また、当サイト上で提供されている情報に不正確な記載や誤植その他による不適切な情報を含むことがあり、ウェブサイト上の情報の正確性、完全性、妥当性及び公正性について、サイト運営者並びにコンテンツ作成者はなんの責任も負担しません。