千手院

IMG_2546
千手観音を本尊とする真言宗豊山派の寺院。
天平年間(729~49)に、臼井石神(稲荷台4丁目)に創建されて蓮華王院金剛般若寺と号し、のち明徳3年(1392)に僧澄秀が兵乱に遭うことを恐れ、小竹五郎高胤に願って当地に移転し、千手院と改称したと伝えられている。また、境内樹木は、佐倉市の文化財にも指定されている。

所在地:千葉県佐倉市井野152