ヴァンガード

所在地:千葉県佐倉市ユーカリが丘6-4-1
電話番号:043-462-1176
営業時間:18:00~23:00(休憩あり)
定休日:火曜日 
http://www.geocities.jp/jazzvanguard/

 

ヴァンガード
平日でも毎日生演奏のジャズピアノが聞けるレストランは、千葉県広しと言えどもおそらく1店しか無いだろう。その店があるのは、千葉市内でもなければ、都市の駅前繁華街でもない。閑静な住宅地、ユーカリが丘を縦走する道路沿い。美しいピアノの音色を求めて地元はもとより、県内各地から人々が集うという「ヴァンガード」は、音楽好きによる、音楽好きのための、隠れた名店である。

ヴァンガード
この店を営む枡山(ますやま)氏は、現役のジャズピアニスト。早稲田大学ジャズ研究会の立ち上げにも関わったという、業界でも名の知れた存在だ。以前はプロのジャズユニットのピアニストとして演奏活動をしていたそうだが、この店を開業してからは、地元の人々をジャズピアノの音色で魅了している。

ヴァンガード
ライブバー、ジャズバーなどから連想されるのは、一般的には狭いハコ、タバコの煙など「大人の夜」のイメージだろう。もしくは、高級レストランなどかもしれない。しかし「ヴァンガード」では誰でも気軽に訪れられる雰囲気、ゆったりと広い客席スペース、ノーチャージの気軽なプライス、気さくで世話好きなおかみさんと、市中の生演奏レストランとはまた違う魅力があり、遠くからわざわざ人を呼ぶ理由になっているようだ。それにしても平日でも毎日演奏を欠かさない枡山氏は、本当に立派である。

演奏されるのは主にジャズのスタンダードナンバー、もしくは映画音楽のアレンジなどが主体。演奏は毎日19時に始まり、23時半まで続く。週末には平日以上に盛り上がり、音楽仲間とのセッションがあったり、他ジャンルのプロがミニライブを開くことも多いという。内容次第では別途チャージがかかることもあるが、それはゲストに払うお礼であり、必要最低限の金額になっているそうだ。基本的にはノーチャージなので、気軽に訪れてみてほしい。

ヴァンガード
メニューはパスタ、ピザなどイタリアンを中心に、ハンバーグ、コロッケ、ピラフ、グリルなど広く洋食メニュー全般を揃えている。こちらも専門のシェフが手がけている本格的なものなので、「演奏は一流だが料理は・・・」という心配も無いだろう。一番人気のメニューは「名物とろとろビーフシチュー」(1,700円)だそうで、ワインと一緒に楽しむのがお薦めだ。

ヴァンガード
ドリンクは種類豊富なワインのほかにも、ビール、カクテル、焼酎、サワーなどがあり、ノンアルコールのビールやカクテルも扱っているので、車で訪れても安心だろう。アルコールありきの店ではなく、食事と音楽を楽しむ店作りをしているので、子供連れで訪れても安心だ。取材の際にも小学生の子供を連れたお母さんが訪れ、奥様との会話を楽しんでいた。

ヴァンガード
どんなに音楽メディアが発達しても、やはり目の前の演奏というのはひときわ心に染みるものだ。いつでもスイッチひとつで音楽に触れられる時代だからこそ、「生演奏を通じてひとりでも多くの人に、音楽の、ジャズの本当の素晴らしさを伝えたい」とご夫妻は願い、毎日の生演奏にこだわっているのだ。

ヴァンガード
ランチの営業は一切行っていないそうだが、その代わりに、昼の店内ではジャズピアノ、シャンソン、ボイストレーニングなどの講習が行われている。都市へ行かなくてもプロ奏者の指導が(しかも格安で)受けられるとあって、初心者から本格志向の人まで広く人気を得ているということだ。そんな生徒さんや常連の音楽好きが集まって、年に1回はホールでの定期演奏会も実施しているとのこと。いつの日か、ユーカリが丘から有名ジャズ奏者が輩出されるかもしれない。

ヴァンガード
音楽という共通の楽しみを通じて、地域の人々が触れあい、感動を共有するスペース「ヴァンガード」。枡山氏は「私には音楽しかないから」と謙遜して語るが、本当であればチャージを取れるプロの演奏を、惜しげもなくノーチャージで披露しているのは、氏自身が「本物の音楽好き」であるからにほかならない。

ヴァンガード
楽しみながら音を奏でる、という“音楽”の意味であり、本来の魅力である。心から楽しみながら音楽に向き合う姿を見ていると、訪れる人も自然と心がウキウキし、音楽の魅力を心底から感じることだろう。この音楽の「楽しさ」というのは、ヘッドホンで聞いているだけではなかなか実感できないものだ。その「本当の音楽」を、こんなにも身近に感じさせてくれる店があるとは、ユーカリが丘の人々は本当にラッキーである。

 

※本文中のメニュー・価格等は掲載時のものです。あらかじめご了承ください。