ユーカリが丘 公式タウンポータルサイト

ユーカリが丘へのアクセス

ユーカリが丘を創る人々

「ユーカリが丘」エリアで初めての認可保育園「ユーカリハローキッズ」にやってきました。「ユーカリが丘」駅からすぐで、送り迎えしやすい場所だよ。広いお庭があっていっぱい遊ぶことができるんだ!

その2:認可保育園「ユーカリハローキッズ」岡本由美子園長先生、津田麻依子先生

「延長保育」が便利だってママが話していたけど、何時まで保育園にいられるのかなあ。ララちゃん

岡本先生:「ユーカリハローキッズ」の保育時間は朝は7時から夜の6時までで、普段は夕方にママやパパがお迎えに来るよね。でも「ユーカリハローキッズ」は、それ以降も希望があれば預かっているの。これを「延長保育」というんだけれど、仕事でどうしても遅くなってしまうママやパパには、とってもありがたい制度なんだよ(開所時間:朝7時~夜8時)。

保育園の隣にある「子育て支援センター」ってなあに?

岡本先生:ここは保育園に通っていないママやパパも、子どもと一緒に気軽に参加できる「集いの広場」で、遊んだり話したりできるのはもちろん、専属の保育士にいろんな相談をすることもできるの。0歳~2歳児までの親子なら、だれでも無料で利用できるのよ。

「一時保育」ってどんなひとが使うのかな?

岡本先生:一時保育はその日だけ保育園で預かるサービスで、ママやパパが病気になってしまったり、結婚式やお葬式などで留守にしないといけない時、そうでなくても、ちょっと疲れちゃった時などに、気軽に利用できるのよ。

お仕事が短期や不定期、週2~3日の場合は保育園に入れないんだけど、一時保育だとそういったお母さんも利用できるから、とっても便利なの。対象は「佐倉市内に在住している生後6か月から小学校就学前の子どもで、家庭での保育が困難でかつ、他の施設に在籍していない方」と決まっているよ。

先生がみんなと接するときに、心がけていることはありますか?

ココくん津田先生:先生たちはみんな、子どもたちの良いところを、できるだけ伸ばしてあげられるように心がけています。だから、それぞれの性格に合った対応をして、子供たちが楽しみながらいろんな経験をしていければいいなと思うし、その経験が自信につながるように、精一杯サポートしています。

 

 

お話を聞いたひと

認可保育園「ユーカリハローキッズ」津田麻依子先生(左)、岡本由美子園長先生(右)

 

保育園は「お仕事の間、ただお預かりをする」という場所ではありません。保護者と保育園がコミュニケーションを取りながら、一緒になって子育てをしていく。そのために私達にはどんな「お手伝い」ができるのか、いつも考えてながら、子どもたちに向き合っています。

  • 1 2
その2:認可保育園「ユーカリハローキッズ」岡本由美子園長先生、津田麻依子先生