2015年12月19日

[youtube id=”dundJfEIILM” align=”center” mode=”normal” autoplay=”no” maxwidth=”800″ thumbnail=”第20回ユーカリフェスタ2015 ユーカリハロウィンパレード の様子” grow=”yes”]

 

2015年10月24日・25日にかけて毎年恒例ユーカリフェスタが行われました。

ユーカリフェスタ前夜祭はひまわり広場でかぼちゃのちょうちんづくりコンテストが開催され、今年もオリジナリティあふれる力作が出揃いコンテストは盛り上がりました。そして今年2回目となる「まちかどアートフェス」は10月17日(土)からユーカリが丘商連店舗とアーティストが連携した絵画や写真など様々なミニギャラリーがまちのあちこちに展開されました。

さらに24日志津コミュニティセンターでは「まちかどアートフェススペシャル」が開催され、イングリッシュハンドベル・大正琴・筝の演奏会やアーティストの紹介と作品展示会、山万主催の写真コンテスト、アーティスト同志のトークディスカッションが行われ、ユーカリフェスタの新たなコンテンツとしての可能性を感じました。

ユーカリ初の歩行者天国

2015年10月25日(日)、ユーカリが丘で初めての歩行者天国が実現しました。

区間はダイハツ前の信号からウエルシア横の信号までの約300メートルで、午後1時~3時までの2時間。その間一般車輌は迂回して296号線バイパスを通るよう協力して頂きました。

歩行者天国の中央付近には、当日行われていたハロウィン仮装パレードの審査員席が設けられ、38組の仮装グループが次々とパフォーマンスを披露してパレードの最終地点のユーカリが丘南公園へと向かいました。パレードを見物する人や道路上に設けられたテーブル席で飲み物や軽食を楽しむ人たちが見られました。

来年、再来年と歩行者天国が定着し、地域の行事として一層盛り上がっていけばと思いました。

本祭

参考サイト

ユーカリフェスタ公式サイト