2018年09月21日

9月16日付日本経済新聞1面にて、限界都市とよばれるかつて栄えたベッドタウンで衰えが目立ってきており、住民の新陳代謝を促す施策が必要である、という記事の中で、その施策の参考事例として「ユーカリが丘ハッピーサークルシステム」が街に住む世代の循環を促し好循環を目指している事例として取り上げられました。

 

 

ユーカリが丘ハッピーサークルシステム

H1-P14-01_01ユーカリが丘の中で住み替える際に古くなった自宅を当社が査定額の100%で買取ることで住み替えに係るストレスを解消しライフスタイルに合わせた住まいに御住み替えをスムーズに行っていただくと共に、買い取った住宅を当社でリフォームして若い世代に再度販売することで街に住む世代の循環を促し、多様な世代が住む街づくりを実践することで街の活性化を図る仕組みです。

 

 

 

詳しくはこちらのページもご参照ください。
ハッピーサークルシステム | ユーカリが丘開発40年以上の実績の山万