2014年07月01日

IMG_3812山万ユーカリが丘線「公園」駅で進められていた駅のエレベータ工事が完了し、2014年7月7日(月)始発より供用が開始されます。同線のエレベータ設置は、山万ユーカリが丘駅に続いて2駅目です。

 

【画像】公園駅に設置されたエレベータ(ホーム階部分)

公園駅は、地上2階部分を電車が走行する高架駅になっており、改札からホームまで階段を登る必要があることから、以前からエレベータ設置の要望が多数寄せられていました。同線を運行している山万鉄道事業部によると、今回の工事は、このような利用者の声を受けて、子育て世代や高齢者の利用者により使いやすい環境を整備するために実施したとのことです。

IMG_3820今回の工事ではこの他に、ホームの警告・誘導ブロックの設置や多機能トイレの整備が行われました。

 

【画像】今回設置された多機能トイレ

同線では、各駅のバリアフリー化を順次進めているとともに、スタッフ全員がサービス介助士の資格を取得するなどの各種取り組みを進めており、より利用しやすい鉄道を目指しているとのことです。