2016年02月24日

「市役所の施設内にプラスチック爆弾を仕掛けた。2月24日午後3時に爆破する」などとした佐倉市役所並びに関連施設への不審情報を受け、本日14:41から運転を見合わせていた山万ユーカリが丘線は、安全が確認されたとして、16:02から運転を再開しました。

また、関係機関との連携や情報収集を行うために設置されていた「山万グループ災害対策本部」も、同日15:20に招集を解除しました。

 

今回の事案に伴うユーカリが丘エリアにおける人的・物的被害等はありませんでした。

 

今回の山万ユーカリが丘線の運転見合わせは、京成電鉄と同線の乗換連絡通路に隣接する「佐倉市ユーカリが丘出張所」も不審情報の対象施設となっており、万一の際の旅客並びにスタッフの安全確保のために実施したとのことです。

 

この他にも佐倉市内では、市役所並びに関連施設において利用者や職員を一時的に建物の外へ退避させた他、公立の小中学校や一部の幼稚園で下校時刻を早めるなどの対応が取られ、影響が広がりました。