2016年06月07日

OLYMPUS DIGITAL CAMERAユーカリが丘の住商複合開発エリア「ミライア街区」で7日(火)、「イオンタウンユーカリが丘」がソフトオープン(プレオープン)し、大勢の買い物客で賑わっています。

 

京成沿線最大級の面積を有する商業施設となる「イオンタウンユーカリが丘」は、建物延床面積が約127,280平方メートル。開発・運営するイオンタウンでも全国最大規模の商業施設です。先に閉店した「イオンユーカリが丘店」の後継店となる「イオンスタイルユーカリが丘店」を中心に、ユーカリが丘周辺エリアで急増している子育て世代向けの店舗148店が出店しています。

店の周りには、オープン前から大勢が列をつくり、9:00のオープンと同時に入店。思い思いに買い物を楽しまれていました。

西ユーカリが丘在住の60代の夫婦は、「食料品売場がとても広く綺麗で、品揃えも今までのイオンユーカリが丘店より豊富で便利。様々な商品が一箇所で買えるのでありがたいです。」と話していました。

 

イオンタウンユーカリが丘は、6月10日(金)にグランドオープンの予定で、年間1,000万人程度の来店を目指すとのことです。

 

店内の様子

OLYMPUS DIGITAL CAMERA IMG_5108 IMG_5104 IMG_5097 IMG_5086 IMG_5080 IMG_5115 IMG_5113 IMG_5111P6070595P6070682P6070706 P6070707 P6070708IMG_5090