2016年04月22日

イオン現在の「イオン ユーカリが丘店」の入居する「スカイプラザ ショッピングセンター」について、2016年7月頃に内装の解体工事に着手し、2017年春を目処に山万直営のショッピングモールとしてリニューアルオープンする方針であることが明らかになりました。

 

これは、2016年4月23日(土)発行予定の地域情報紙「わがまち」の取材から明らかになったものです。

 

同紙によると、4階構成になっている現在のイオンユーカリが丘を含む「スカイプラザ ショッピングセンター」について、1階にスーパーマーケットとホームセンターを導入する計画である他、2階から4階に「健康」「医療」をテーマとしたテナントやカルチャースクール、子供向けの「教育・学び」をテーマとしたゾーン、スポーツ・アウトドア専門店などを導入する計画であるとのことです。店舗数は、50~60店舗を予定し、現在営業している「コナミスポーツクラブ」は、営業を継続するとのことです。

 

「スカイプラザ ショッピングセンター」は、延べ床面積が約21,500m2(6,500坪)。平成4年に、旧マイカルが京成沿線最大級の「ユーカリが丘サティ」をオープン。現在もユーカリが丘地区における商業の中核施設として機能しています。

 

※2016年4月23日(土) 一部記事のの表現を修正いたしました。