2015年01月31日

台湾鄧南光写真映像記念館国際展覧会

昭和初期の東京や日本各地の日常風景をテーマにした写真展覧会「台湾鄧南光写真映像記念館国際展覧会」が、千葉県佐倉市ユーカリが丘駅前の専門店ビル「ユーカリプラザ」3階のギャラリー(ユープラホール)と、佐倉市新町の「佐倉市立美術館」3階市民ギャラリーで開催されます。ユープラホール会場は、2015年2月18日(水)から22日(日)、佐倉市立美術館会場は、2月24日(火)から28日(土)まで。

 

この展覧会は、台湾行政院文化部地方文化館-鄧南光写真映像記念館が主催するもので、1950年代から1970年代の台湾写真界におけるリーダー的写真家「鄧南光(デン・ナン−グァン)」が撮影した、東京をはじめとする日本各地の昭初期の風景約30点が展示されます。

今回展示される作品は、アルミに焼き付けて色に深みを出し、赤い花を基調とした客家(はっか)族のデザインを背景にした独特のもので、客家文化の撮影に力を入れた鄧氏の思いを継いだものだとのことです。

 

展覧会を企画した台湾鄧南光写真映像記念館の黄翠文氏は、「我々は、ユーカリが丘・佐倉を、自然と都市機能、観光資源が調和したお手本のような街として捉えているとともに、台湾と日本の将来的な友好の拠点としての魅力を感じています。台湾の代表写真家鄧南光さんが、昔に法政大学に留学していた昭和初期に撮影した写真の展覧会を通じ、台湾と日本の文化交流・観光促進など友好関係を促進し、日本を代表するニュータウンであるユーカリが丘の国際化に貢献するため、架け橋の第一歩としてこの展覧会を開催します。将来は佐倉市・ユーカリが丘と台湾のさらなる交流を期待しています。」とコメントしています。

 

「台湾鄧南光写真映像記念館国際展覧会」概要

主催:台湾行政院文化部地方文化館-鄧南光写真映像記念館

共催:台湾新竹県庁文化局・台湾美国際時尚芸術有限公司・影廬実業有限公司・菲比国際設計有限公司

協賛:山万ウィシュトンホテル株式会社・有限会社メディア アット ホーム・NPO法人ユーカリタウンネットワーク・ユーカリプラザ出店者協議会

後援:山万株式会社

ユーカリプラザ会場

会期:2015年2月18日(火)~22日(日) 各日10:00~18:00

(初日は13:00から、最終日は14:00まで)

入場料:無料

佐倉市立美術館会場

会期:2015年2月24日(火)~28日(土) 各日10:00~18:00

(入館受付は17:30まで 初日は14:00から、最終日は14:00まで)

入場料:無料

 

「台湾鄧南光写真映像記念館国際展覧会」 展覧予定の作品(PDF形式431KB)

 

関連イベント

楊欣バイオリン演奏会(2015年2月18日(水)・20日(金) 13:00~14:00)

台湾出身のバイオリニスト、楊欣によるバイオリン演奏会を開催します。

 

「サニーヒルズ(SunnyHills)」のパイナップルケーキ プレゼント(2015年2月18日(水)・20日(金) 各日13:00から)

先着50名に、台湾で人気のパイナップルケーキの名店「サニーヒルズ(SunnyHills)」のパイナップルケーキをプレゼントします。

 

鄧南光略歴(鄧世光氏(鄧南光 子息)手記より)

台湾を代表する写真家・鄧南光(1907-1971)

鄧南光(デン・ナン−グァン)は1907年台湾新竹県北埔郷に生まれた。台湾の日本統治時代、1922年(大正11)の台湾教育令改正により、1924年(大正13)来日し、1929年(昭和4)東京の法政大学経済学科に入学した。

昭和初期の東京

鄧南光は大学に入学後カメラ部に入部し、「月刊ライカ」など日本のカメラ雑誌に写真を投稿し、何度か作品が誌面を飾った。当時の日本は新興写真が新潮流として勃興しており、彼の写真活動はそれだけにとどまらず、銀座や浅草など東京の街を精力的に撮影して歩いた。当時の写真をみると、スナップ撮影や俯瞰撮影からステレオ写真まで試みており、多彩な表現を吸収しようと努めていた。

写真の初公開−渋谷のドイフォトプラザ(1994年)

1990年から、文化歴史研究者の簡永彬様の協力を得て父親の写真を整理した。そして、父親が昭和4年から昭和10年に亘ってライカで撮影した写真60数枚を台湾から日本に持って行き、渋谷のドイフォトプラザの公開展覧を行った。この60数枚埋れた写真は60年間全然公開されなかったので、たちまち日本の各新聞社が取り上げて掲載し、毎日新聞は特集(1994年4月23日)を組んで写真と共に鄧南光を紹介した。今回展覧する写真は1929年から1935年まで東京または日本各地で撮影したものである。

鄧南光写真記念館

1935年に台湾に帰国した鄧氏は、故郷の北埔郷に戻り、台湾の客家文化(大陸から移住した人々の文化)や地方の農業などの撮影を精力的に行った。2009年に台湾行政院文化部は鄧南光の旧居を地方文化館に指定し、現在は台湾美国際時尚芸術有限会社の黄翠文社長が館長として経営・管理している。

 

本件に関するお問合せ

台湾鄧南光写真映像記念館国際展覧会 開催事務局

余紀萱(ユ ジ シュアン)

dengnanguang@gmail.com