ユーカリが丘 公式タウンポータルサイト

ユーカリが丘へのアクセス

ユーカリが丘だからこそできる「福祉の街」づくり

福祉の街づくり 5つのコンセプト

コンセプト1 = 「在宅」が基本

「住みなれた自宅で暮らしたい」「家族と共に過ごしたい」と考えている方は多いのではないでしょうか。「福祉の街」では、在宅では介護・看護が無理な方のための施設の整備を進めていきますが、とりわけ療養型施設を整備しながら、高齢者が早期に健康な状態に回復して在宅に移行できるような回復・循環型ケアを目指します。

コンセプト2 = 医療・福祉・保健・教育の連携

医療・福祉・保健・教育の複合型施設群が、機能の分担と連携を図ることにより、迅速なケアを行える体制を目指します。高齢者の情報を共有することで、画一的なケアプランではなく個々の状況に応じたオーダーメードなプランの作成も可能になります。またスタッフや施設を共有することで、同じコストでより質の高いサービスを提供できます。

コンセプト3 = 地域経済の活性化

医療・福祉・保健・教育の複合型施設群が地域経済に与える影響は計り知れません。日本経済の中長期停滞と少子高齢化の流れの中で、福祉サービス分野は経済成長の牽引役としても期待されています。

コンセプト4 = 真のノーマライゼーションの実現

高齢者福祉と障害者福祉。行政上の区分の違いはあっても、いろいろなハンディキャップを持つ方々とそのサポートに携わる方々の「幸せ」と「生きがい」を求める“心”には違いはありません。真のノーマライゼーション社会(ハンディキャップを持つ方々の生活条件を可能な限り、持たない方々のそれと同じにすること)を実現するためにも、高齢者福祉施設と障害者福祉施設とを一体化し、地域住民で支える理想の総合福祉エリアを目指します。

コンセプト5 = 広域行政圏のニーズへの対応

「福祉の街」はさらに、広域行政圏=佐倉市を中心とする8市2町(佐倉市、八千代市、成田市、四街道市、印西市、白井市、富里市、八街市、栄町、酒々井町)=における福祉サービスの拠点として、利用者のニーズに対応すべく、各施設の整備を計画しています。

ユーカリ優都苑
介護老人保健施設「ユーカリ優都苑」

ユーカリ優都ぴあ
学童保育併設型グループホーム「ユーカリ優都ぴあ」

お問い合わせ先

ユーカリ優都会

http://www.yutokai.com/
  • 1 2