ユーカリが丘 公式タウンポータルサイト

ユーカリが丘へのアクセス

大規模な災害も想定した万全の防災対策

タウン内約30ヵ所に「AED」設置

AED

万が一の事態が起こった時、そこに居合わせた一般の人がだれでも救命活動が行えるようにと、公共施設などに広く設置されている「AED(自動体外式除細動器)」。このAEDのおかげで救われた命は少なくありません。 ユーカリが丘では、公園や福祉施設、学校などタウン内の約30ヵ所に、このAEDを配備。万が一の事態にも迅速かつ適切に対応できるように体制を整えています。

断水・停電時に幅広く対応する「防災井戸」

防災井戸ユーカリが丘では災害に備え、タウン内10ヵ所に「防災井戸」を配置しています。万が一の時に広くライフラインとして役立ちます。 さらに、発電機や公的な食料の備蓄なども実施。 ユーカリが丘は「防災環境都市」でもあるのです。